Tomboの暗号化メモが開ける簡易ファイラー miniTomboViewer のページ


○概要
MIDP 2.0で動作し、Tomboの暗号化メモが開ける簡易ファイラーです。
WillcomのJava対応機等で動作すると思います。
動作確認はWillcomのWX320Kで行っています。
普段WindowsMobile上でTomboというアプリを使用し、パスワード管理をおこなっていますが、
管理している情報をWX320Kで参照できないものかと思いこのアプリを作成しました。
パスワード等の情報が参照できればよかったので、大きなファイルの参照には対応できていません。

感想・コメント等があればぜひblogのコメント欄に書きこんでください。

○miniTomboViewerのダウンロード
アプリは以下からダウンロードできます。

miniTomboViewrのダウンロード
ダウンロード後解凍し、jadファイルとjarファイルを
端末に移してインストールしてください。


○miniTomboViewerの特徴
- 暗号化機能を持ったメモ管理ツールのTomboで作成した暗号化メモを参照できます。
- Tomboでファイル名をランダムにした場合には対応していません。
- textファイルが参照できます。(拡張子が.txt、.htmlのファイル)
- 参照できる部分はファイルの先頭1kbyteのみです。
- zipファイルが解凍できます。
- メモ機能、ファイル作成機能はありません。
- ライセンスはGPL準拠、フリーで使用可能です。


○使い方
以下の使い方を想定しています。
1. 普段はWindows MobileまたはWindows上のTomboでパスワード管理
2. 定期的に管理ファイルをWX320K上にコピー
3. WX320上でパスワード等の情報を参照

Tomboでファイルを暗号化する際のパスワードは数字のみが便利です。
数字のみであれば画面に入力文字が表示されません。

WX320K上へ持っていく際にはzip圧縮すると便利です。
たくさんのファイルをまとめてもっていけます。


○ご利用の際の注意点
使用の際は自己責任でお願いいたします。


○ソースコードはこちら
ソースコードのダウンロード


inserted by FC2 system